第1回「PRプランナーワールドカフェ」開催レポート

第1回「PRプランナーワールドカフェ」2016年12月13日(火)に開催!
24名のPRプランナーが参加!

merit_201612130112月13日(火)、日通NEX-TEC芝浦(日本通運グループ人材開発センター)の研修施設、フューチャーセンターにおいて、「PRにイノベーションを起こそう!~既成概念に捉われない広報担当とは~」をテーマにワールドカフェスタイルでイノベーティブなPRについて意見交換をしながら、広報担当者同士の交流を深めました。参加者の約6割が一般企業の広報担当者等で残りの4割がPR業等の担当者でした。

 

今回はワールドカフェに入る前にインプットとしてイノベーティブな広報事例の紹介をパネルディスカッション形式で行い、その後ワールドカフェという前半・後半の2部構成で日本パブリックリレーションズ協会PRプランナー部会の丸山寛之氏のファシリテーションのもと実施しました。

 

merit_2016121302

前半のパネルディスカッションではSansan株式会社 コネクタ、Eightエバンジェリスト/株式会社PRTable 社外取締役/日本パブリックリレーションズ協会 広報委員 日比谷尚武氏と井之上パブリックリレーションズ アカウントサービス2部 部長 高野祐樹氏による事例紹介ではお二方の日常の業務を通じて、社内のあらゆる部署とのコミュニケーション、関係企業、行政、メディアとの交流、メディア分析、戦略策定等多岐にわたる業務の紹介をいただきました。

後半のワールドカフェでは、初めてワールドカフェを経験する方にも流れがわかるようにオリエンテーションを実施した後、気持ちをほぐすためのアイスブレイク等を最初に行い、ワールドカフェに入りました。ワールドカフェは、広報PRを実務で行うにあたりあらゆる障害がなかったとしたら本来どのような広報ができるのか?を参加者が考え、より本質的な気づきを得ていただくことを期待した構成とし、話し合いは全4ラウンド行われ、笑い声も交わりながら闊達な意見交換が繰り広げられました。

 

merit_2016121303終了後のアンケートでは、パネルディスカッション、ワールドカフェともに好評価をいただきました。パネルディスカッションでは、「普段聞けない話が聴けた」「関係構築の基本を思い出した」「広報の幅広い業務を感じることができた」「様々な事例を交え、具体的で興味深かった」等の声が寄せられました。ワールドカフェについては「説明がきちんとしていたので初めてでも対応できた」「素敵な研修施設で楽しかった」「知ってもらいたいなら自ら骨を折に行くという基本を思い出した」「もっと広報は変われると実感した」等の力強い言葉が寄せられました。反面「テーマが壮大すぎて、ゴールがイメージできなかった」等の反省点についても意見が寄せられました。
また参加者から今後のワールドカフェのテーマとして「目まぐるしく変わるメディア環境に関すること」「記者、TVニュース等に取り上げてもらうための段取りについて」「広報のPRと事業のPRの連動性について」「異業種の広報、PRプランを検討し、違う視点を得る等のご意見がありました。

【プログラム】

19:00~19:05 オリエンテーション/全体説明
19:05~19:30 パネルディスカッション
19:30~19:45 オープニング
19:45~21:30 ワールドカフェ
21:30~21:40  名刺交換タイム
21:40     終了

以 上