VOICE of PR Planner (2013年11月)

ザ・広報/アラフォー女の孤独な挑戦 ~制作会見までの道のり~

 

日本映画衛星放送(株)

営業局 広報宣伝部 兼 経営管理局 業務推進部

大谷 桃子

 

「里見浩太朗さんの特集やるんで、取材どうですか?」
私はテレビガイドの編集部にそう連絡していた。当時、ウチの会社で“広報”といえばガイド誌に放送番組を取り上げてもらうべく、編集部に取材のお願いをするのがメイン業務でした。
時代劇だけを朝から晩まで365日放送している「時代劇専門チャンネル」というCS放送局の担当。俳優の特集が毎月あるわけでなく、取材のお願いも行ったり行かなかったり…。会社での存在感もなくなり、仕事のやりがいも手応えも感じず、ただなんとなく毎日が過ぎていったものです。

そんなある日、思いもよらない発表が。「自分たちで新しい時代劇をつくる――――」
ものごとが大きく動き出すきっかけでありました。

最盛期には各TV局のゴールデンタイムで時代劇が放送されてましたが、視聴率の低迷やスポンサーの撤退などを理由に90年代くらいから徐々に無くなり、新しい時代劇がつくられていない状況でした。(NHK大河など一部除く)
「日本人の心のふるさとである時代劇がなくなってしまう」
それは作品そのものだけでなく、時代劇をつくるスタッフの仕事がなくなり、技術が継承されないという制作側の危機でもありました。殺陣師をはじめ、衣装や美術など“時代を再現する”職人の技が失われてしまうのです。
そこで、時代劇を専門で放送する唯一のチャンネルである我々が、「時代劇の灯を消してはならぬ」とばかりに立ち上がったのです。そう、昔の時代劇をただ流すだけの“再放送チャンネル”ではなく、時代劇文化を再生し、次世代に継承する役割を担う“文化発信チャンネル”へ。その思いを、活動を、どのように知ってもらうのか。さあ、“広報”の出番です。

「地上波でもなければBSでもない。たかがCSチャンネルが注目される訳がない」
「旬のタレントをブッキングしてないんだから、マスコミも来ないだろ」
一流ホテルの宴会場で大々的に「制作発表記者会見」を行いたいと伝えたところ、社長以下役員は口々にこう言いましたが、制作費を出資してくれたパートナー企業が会見を希望していたので、社内的には厳しいなか実施することになりました。

  • 「時代劇専門チャンネル」の加入世帯数グラフ
  • M3・F3層(男女50歳以上)のCSチャンネル平均接触率ランキング
  • 視聴者へのアンケート結果
  • ・時代劇制作の激減で解散してしまった歴史的映像集団「映像京都」の説明資料

…などなど、時代劇に対するニーズがいかに高いか、そして文化としていかに大切か、そんなことが伝わる資料をつくり、新聞社、通信社、出版社等に各担当者が連日電話を掛け訪問して熱く語り、記者会見への出席をお願いしてまわる日々。

それまで存在感がなかったせいか、周りはそんな私たちを「なにをそんなに」と神妙な面持ちで見ていたように思います。(いや、気付いてすらいなかったもしれません)

そして記者会見当日――――。
記者も編集者も「行けたら行きます」という返事が多かったので、「半分も埋まらなかったらどうしよう」と不安と緊張
感はピークに。受付はほかに任せて、別の場所で進行の打ち合わせをぎりぎりまでやっていた私は、会場に入って息を呑みました。いちばん前には一般紙や通信社の記者が詰めかけ、座り切れず壁際にもひとが溢れ、地上波民放のムービーまで入っていたのです。

「時代劇再生へ、CSチャンネルの挑戦」
「伝統継承のため、自主制作に乗り出す」
「時代劇絶滅の危機に扮するテレビ業界に、一石を投じる」

翌日から、そんな記事が掲載されはじめました。
小さなチャンネルが見出した大きな意義。「ウチの会社でもここまでやれるんだ」と、社内の意識が少し変化した瞬間でし
た。社内活性化をはじめ、ドラマの出演者や制作スタッフのモチベーションアップにも繋がるなど、様々な効果をもたら
しました。
本作はチャンネル最高視聴率を記録、この反響を受けシリーズ化され、シリーズ第三弾はギャラクシー賞奨励賞を受賞、今年はNHK(エンタープライズ)と共同制作するなど新たな取り組みにも挑戦、チャンネルにおける「オリジナル時代劇」はブランドとして確立しつつあります。

さて、「PRプランナー」の話がまったく出て来ないじゃないか?とお思いでしょうか。
資格取得のために講座に通ったり、課題図書を読んだりしたことで、「多くの方に企業を、サービスを知ってもらうにあたり、その活動に文化的な意義を込められないだろうか」と考えるようになりました。「面白いものを提供する」という娯楽屋の本質は失わずに、映像文化を通じて社会に貢献したいという思いから、あのような記者会見の発想に至った訳です。
以前の私でしたら、「宴会場に時代劇のセットを立てたら画になりそう」とか「時代劇好きのタランティーノを呼んでコメントもらおう」とか、見せ方ばかりを考えて本質的なことには目が向かなかったと思います。

ちなみに「PRプランナー交流会」を通じて知り合った仲間とは情報交換会や勉強会(まあいわゆる飲み会)を行うだけでなく、それぞれの結婚や出産といったライフイベントにも接する機会があり、プライベートな友人として人間くさいお付き合いをしています。いまどきめずらしいくらいに熱い志を持つ愉快な仲間たちに出会えたことは、私にとってかけがえのない財産です。

そうそう。
PR協会に望むことといえば、“ハク付け”のために資格を取得した一面もありますので、「ファイナンシャルプランナー」と同じくらいの位置づけで、「おお!PRプランナーの資格お持ちなんですか~」と感心されたいですね(笑)
そんな日がいつか来ることを心から願っています!

次回は、ワインエキスパートでもある酔いどれイケ女広報、日本郵政株式会社の経営企画部門広報部グループリーダー・和田薫氏にバトンを渡します。バブルを駆け抜けた大姐御から、いったいどんな話が飛び出すのか…!?