VOICE of PR Planner (2016年8・9月)

志高き仲間とベクトルを同じくすることの素晴らしさ

 

トライベック・ストラテジー(株)

水沢 剛

 

皆さまはじめまして。Webマーケティング支援事業を展開するトライベック・ストラテジー株式会社で広報・PRを担当しております、水沢 剛(みずさわ たけし)と申します。今回ご指名をいただきましたので、私がPRプランナー資格を取得した経緯と、PRプランナー部会の活動について、僭越ながらご紹介させていただければと思います。

私がPR業務に本格的に携わるようになったキッカケは、ほんの数年前のこと。新社長が「第二創業期」を掲げ、積極的な成長戦略を描き動き始めていた設立14年目の当社にとって、なくてはならないある機能が欠けていることに改めて気づきました──そう、当社にはPR部門や、専任のPR担当者が存在しなかったのです。
しかし、描いたビジョンどおりの成長を当社が遂げるためにはPR部門が必要不可欠であると考えた私は、社長にその必要性を何度も直談判し、その担当者として立候補しました。気まぐれや思いつきではなく「本気」であることを行動で示すためにPRプランナー資格試験にも挑戦しました。
幸いなことに、当社の社長はもともとPRの重要性について理解があったこともあり、その半年後にはPR部門が新設され、担当者として私が(兼務ですが)就任することになりました。これで資格試験に受からないと格好がつかないところでしたが──こちらもなんとか無事に合格することができました。

こうして、晴れてPRプランナーとなった私ですが、この4月からは「PRプランナー部会」の幹事としても活動しています。
PRプランナー部会は2015年度に協会内に新設された組織で、PRプランナー資格を有する協会会員有志によって運営されています。PRプランナー資格制度の認知向上や資格取得メリット向上、有資格者への学習機会提供、協会活動方針に対する有資格者の意思反映などを目的として活動しています。
当然のことながら幹事として集まったメンバーは皆PRのスペシャリストであり、PRプランナー資格の発展を心から願う、志の高い方々ばかりです。そのような皆さまと同じベクトルに向かい、力を合わせてひとつのモノを創りあげていく充実感は、何ものにも代え難い本当に素晴らしいことと感じます。

そんなPRプランナー部会において、私はPRプランナー有資格者の独自教育研鑽活動として「PRプランナーフォーラム」を企画・運営する「フォーラム分科会」の一員として精力的に活動しています。
2016年度はPRプランナーの皆さまからのニーズが特に高かった「Web広報」を年間テーマとして設定し、東京で3回、大阪で2回の開催を計画しています。7月には東京で「広報担当者のための『Webで “伝わる”広報・PR7つのポイント』」と題して講演会を開催、約60名の方にご参加いただきました。参加の皆さまの意欲もとても高く、質疑応答も時間いっぱいまで活発に交わされました。

なお、同内容の講演会は大阪でも開催予定ですので、お近くの方はぜひ参加をご検討いただければと思います。詳しくは協会からの案内をご確認ください。

元々、自社PRを担当することへの意思の固さや本気度を会社にアピールするために取得を試みたPRプランナー資格ですが、PRプランナーの皆さまとの交流からPRプランナー部会への参画、PRプランナーフォーラムの企画・運営など、資格取得からわずか1年の間に自分自身を取り巻く環境や意識が大きく変化しました。これからも志高き仲間とともに学び、研鑽しながら、よりよいPRプランナー資格のあり方について考え、取り組んでいきたいと思います。