ニュースリリース

第10回資格検定試験の受験者募集を12月1日から開始
第10回資格検定試験の受験者募集を12月1日から開始
― 九州・福岡で、広報・PRの資格検定試験を初めて実施! -

 社団法人 日本パブリックリレーションズ協会(理事長:森 健)は、平成19年からスタートした「PRプランナー資格認定制度」(後援:日本広報学会)に基づく第10回(平成24年度前期)資格認定検定試験の受験者募集を平成23年12月1日(木)から開始します。第10回は、1次試験を平成24年3月4日(日)(会場:東京・大阪・福岡)、2次試験を5月(会場:東京・大阪)、3次試験を7月(会場:東京・大阪)にて実施いたします。
 なお、九州における1次試験の実施は、今回が初めてとなり、第9回の北海道・札幌に続き、全国的な広報・PRパーソンの活躍を反映するものとなっています。

 PRプランナー資格認定制度は、日本で唯一の広報・PR資格認定制度で、広報・PRの基本的な知識からプロフェッショナルに求められる高度な知識と実務スキルまでを評価認定します。検定試験は3次にわたり、基本的な広報・PR知識を問う1次試験、4つの専門的な領域での知識を問う2次試験、さらにニュースリリース作成や広報・PR計画立案などの実務スキルを評価する3次試験により構成されています。平成19年における本制度の発足以後、これまでに1次試験(第1~9回)を3,850名が受験し3,093名が合格、3次試験(第1~8回)は1,629名が受験し1,109名が合格、1次試験合格者が対象となるPRプランナー補認定資格取得者累計は1,337名、2次試験合格者が対象となる准PRプランナー認定資格取得者累計は269名、3次試験と面接に合格したPRプランナー認定資格取得者累計は1,000人を突破し1,109名となっています。

 これまで、「PRプランナー資格検定1次試験」は東京と大阪の2 地区のみで実施していましたが、今年8月に他地区にさきがけて札幌で初めて実施しました。福岡は九州地区の産業の中心地のみならずアジアの玄関口でもあり、多くの人々が広報・PRの業務に従事するとともに、広報・PRに関する教育・研究も活発に行われています。当協会では福岡におけるPRプランナー資格取得希望者の強い要望に対応するため、福岡での初実施を決定しました。当協会では来年以降、東京、大阪に加え、8月に札幌、3月に福岡における試験の定期的な実施を計画しています。

 当協会は、PR関連会社や企業の広報部門で広報・PR業務を担当している広報・PRパーソンはもちろんのこと、将来PR関連業界や広報・PR部門での業務を希望する方々や学生、一般のビジネスパーソンにも、広報・PR知識やスキルの向上にPRプランナー資格認定制度を活かしていただきたいと考えています。

※この報道資料は平成23年9月29日、東商記者クラブにおいて配布されたものです。

ニュースリリース(PDF)NewsRelease20110929.pdf(623KB)


2011年9月29日 |admint
カテゴリー:ニュースリリース