資格認定制度について

育てPRプランナー

21世紀を迎えた現在、「PR(パブリックリレーションズ)の時代」と言われ、
各企業・団体において広報・PR活動の重要性が見直されつつあります。

とくに企業の社会的責任(CSR)が厳しく問われる時代にあって、
広報・PR活動はパブリシティやメディアとのリレーションだけでなく、
経営戦略、コンプライアンス、IR、危機管理、マーケティングコミュニケーション、
ブランドマネジメントまで広範囲にわたり、企業経営や団体運営の中枢に直結した業務となってきました。

こうした時代や社会のニーズに今後どう応えていくかが、
広報・PRの仕事にとっては、差し迫った課題だと言えます。

私たち公益社団法人 日本パブリックリレーションズ協会では、広報・PRに対する期待の高まりや
責務の大きさを受けて、広報・PRに携わる者の意識・知識・技能の向上をはかるべく、
2007年より「PRプランナー資格認定制度」を導入し、そのための検定試験を実施しております。

本検定試験は、企業やPR関連会社などで広報・PRを担当している方はもちろん、
広報・PR業務を希望する社会人・学生を対象に、広報・PRの基本的な知識から実践的なスキルまでを検定し、
「PRプランナー資格」「准PRプランナー資格」「PRプランナー補資格」を認定するものです。

これにより、広報・PR活動の社会的認知の拡大をはかり、広報・PR業務に携わる人材の育成と
技能向上に寄与することを目的としています。

これを機に、わが国の広報・PR業務従事者の職能意識が高まり、
広報・PR活動による社会の新しい発展力が生まれるものと確信します。

企業・団体、学校、自治体などのご協力をいただき、
一人でも多くの優れた「PRプランナー」が誕生することを願っています。

PRプランナー資格認定制度 導入の目的

○専門技能の保有者(職能)としての社会的認知
○広報・PR業務従事者の育成とレベル向上
○広報・PRパーソンの社会的地位向上と広報・PR業務の社会的認知の拡大

資格認定制度について