受験する

 

1次試験

広報・PRに関する基本的な知識

2次試験

広報・PRの実務に関する専門知識

3次試験

広報・PRに関する実践技能

受験資格

とくにありません

1次試験合格者

2次試験合格、かつ3年以上の広報・PR関連実務経験者

( 詳しくは こちら

試験方法

マークシート方式

マークシート方式

PCによる記述方式

受験者1人1台のパソコンが用意され、Windows7 の Office 2010 ( Word / Excel / PowerPoint ) を使用し、解答を作成していただきます。

試験内容

組織体経営と広報・PR活動に関する知識、コミュニケーションとコミュニケーション手段に関する知識、マーケティングと広報・PRに関する知識、など

( 詳しくは こちら

科目A : CSR、IR、危機管理等、企業経営とコミュニケーションに関する知識

科目B : マーケティング、ブランドマネジメントに関する知識

科目C : 広報・PR実務に関する知識

科目D : 時事知識

( 詳しくは こちら

課題A : ニュースリリースの作成

課題B : 広報・PR計画の立案作成

※ 課題Bは、「コーポレート課題」もしくは「マーケティング課題」から1つ選択していただきます。

( 詳しくは こちら

試験時間

80分

各科目50分

180分

各自時間配分をしながら2つの課題の解答を作成していただきます。

出題数

50問

各科目25問

各課題1問 計2問

受験料

一般: 10,800円
学生: 6,480円
日本PR協会会員: 8,640円

一般: 17,280円
学生: 10,800円
日本PR協会会員: 12,960円

一般: 12,960円
日本PR協会会員: 10,800円

2017年度
後期試験

2017年 8月20日(日)
東京・大阪・名古屋・札幌

2017年 11月12日(日)
東京・大阪・名古屋

2018年 1月20日(土)予定
東京のみ

2018年度
前期試験

2018年 3月予定
東京・大阪・福岡

2018年 5月予定
東京・大阪・福岡

2018年 7月予定
東京・大阪

  1次試験のスケジュール・お申込み 2次試験のスケジュール・お申込み 3次試験のスケジュール・お申込み